「言っておくよ」をさらっと言うなら”Will do.”

日常会話
スポンサーリンク

人に何かをお願いされたときの返事として使える表現に”Will do”があります。これは”I will do it.”の略で、「~しておくね」という意味です。

SNSのメッセージなどで書き言葉として使われることが多いので、さらっと使えるとかっこいいですよ!それでは、さっそく詳しく見ていきましょう(似た意味の話し言葉は「似た意味の表現」という見出しのところでご紹介しています)。

英語の例文と日本語訳

留学時代の友人とFacebookのメッセンジャーでやり取りしているときに、僕が「~によろしく伝えて」とメッセージを送ったら、”Will do.”と返ってきたことあがりました。会話の最後の方でのやり取りで、下の例文のようなものでした。

英語の例文

Bill
Bill

Say hello to Tom.

Jim
Jim

Will do!

日本語訳

Bill
Bill

トムによろしく伝えて。

Jim
Jim

おっけー!

(言っておくよ、の意訳)

”Will do.”の意味は文脈によって変わる

上の例文のように、「よろしく伝えて」に対する返事だと”Will do.”は「言っておくよ」という意味になります。

ただ、例えば「そのサイトのURL後で送って」に対して”Will do.”を使えば「送っておくよ」という意味になります。そのため、どんな内容に対する返事なのかによって同じ”Will do.”でも意味が変わります。

短文の”Will do.”は仲のいい人とのやり取りに使える

SNSのメッセージでのやり取りは、日本語でもそうですが英語でも仲の良い人とはけっこう短文で会話が進んでいきます。そんな会話の中に”Will do.”はぴったりなのでぜひ使ってみてくださいね!

似た意味の表現

“Will do.”はSNSのメッセージのやり取りなどで多く使われますが、話し言葉ならこちらが多いです。会話の中で使えそうなときがあったら、ぜひ使ってみてください。

  • I will.
  • Ok, I will.
  • Yeah, I will.

まとめ

「言っておくよ」をさらっと言うなら”Will do.”

Billのせりふ”Say hello to Tom.”について

英語の例文の中で、Billが「トムによろしく」という意味で言った”Say hello to Tom.”という言葉。この”Say hello to~”についてはこちらでご紹介しています。

“Say hello to~.”で「だれだれによろしく」と伝えよう

日常会話
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ようすけ

アメリカ生活と外資系企業での経験をもとにサイトを運営しています。英語のお供としてご活用ください。

なるほどEnglishをフォローする
なるほどEnglishをフォローする
なるほどEnglish

コメント

タイトルとURLをコピーしました