英語を英語で理解するためには意訳を続けることが効果的

英語力アップ
スポンサーリンク

皆さんは、英語を翻訳するとき、意訳を心がけていることはありますか?
僕が英語を英語で理解できるようになったのは、中学と高校で教科書の本文を翻訳するとき、意訳することを心がけていたからだと思っています。

意訳だけが効果的な方法というわけではありませんが、英語を英語で理解できるようになるためには、翻訳するときに意訳を意識することがとても大切です。

英語の意訳の極意は「自然な日本語に翻訳する」

みなさんも、授業の前に本文を訳して、新出単語の意味をノートに書いてくる宿題があったと思います。本文を訳すときは、その章で習った新出単語を使いますよね。例えば「will」だと、教科書には「〜するつもりです」や「〜でしょう、〜だろう」という訳が書いてあります。

もちろんこの訳がそのまま当てはまる文章もありますが、どんな状況にも当てはまるというわけではなく「〜するつもりです」とか「〜でしょう、〜だろう」という意味で使うことが多いから、教科書にはそういう訳で紹介されているんだと思います。

そんな新出単語の訳を参考にして本文を読んだ後は、文脈に応じて「この場面、普段の日本語の会話ならなんて言うかな?」と考えることが、意訳のコツです。

英語の意訳の例

例えば、僕が昔使っていた教科書には、こんな文章が載っていました。

I will show you a magic trick.
※magic trickは手品という意味

上の文のwillを新出単語の訳にそのまま当てはめると「私はあなたに手品を見せるつもりです」となります。

しかし、誰と誰の会話かにもよりますが、自然な日本語にすると、例えばマジシャンがお客さんに手品を見せるときには「今から手品をお見せしましょう!」と言ったり、もっとカジュアルな友達同士の会話だと「手品見せてあげるよ!」になったりします。

ぜひ意訳を意識した英語の翻訳を

僕の場合、意訳をすると本文の内容をよく理解できました。そして、意訳を繰り返すうちに、その英文が頭の中にしみこんでいくような感覚になり、それが英語を英語で理解するということに繋がっていきました。

翻訳するときに意訳さえしていれば英語を英語で理解できるようになるというわけではありませんが、個人的にはとてもおすすめの心がまえです。

英語力アップ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ようすけ

アメリカ生活と外資系企業での経験をもとにサイトを運営しています。英語のお供としてご活用ください。

なるほどEnglishをフォローする
なるほどEnglishをフォローする
なるほどEnglish

コメント

タイトルとURLをコピーしました