どうしても眠い!そんなときは”I’ll take a nap.”で「昼寝する」と伝える

日常会話
スポンサーリンク

昼寝。ぜいたくな時間ですね。特に、風が少し吹いている晴れた日の午後にする昼寝は最高です。さて、そんな「昼寝」。英語で「昼寝する」は”take a nap”といいます。さっそく例文で使い方を見てみましょう。

英語の例文と日本語訳

英語の例文

Bill
Bill

What are you

going to do today?

Jim
Jim

Nothing special.

I’ll take a nap.

Bill
Bill

Ok.

日本語訳

Bill
Bill

今日なにするの?

Jim
Jim

特に何もないから

昼寝かな。

Bill
Bill

そうなんだ。

“I’ll take a nap.”という表現との出会い

僕がこのフレーズを聞いたのは、留学していた街で知り合いの年配の方と話していたときです。

その日、一緒に昼ご飯を食べた後、食材や雑貨などの買い出しのためにその方は車を出してくれました。スーパーなどいろいろ回った後、夜に映画を見ることになっていたのですが、まだ3~4時間くらいあります。

そこで、その方は「いったん家に帰り、昼寝をしてその後映画館に行きたい」と言いました。”I’ll take a nap.”はそんなときに出てきたフレーズでした。

皆さんも、どうしても眠くて誰かに「昼寝したい」と言いたいときは、ぜひ”I’ll take a nap.”と言ってみてください。

まとめ

どうしても眠いときは”I’ll take a nap.”で「昼寝する」と伝える。

日常会話
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ようすけ

アメリカ生活と外資系企業での経験をもとにサイトを運営しています。英語のお供としてご活用ください。

なるほどEnglishをフォローする
なるほどEnglishをフォローする
なるほどEnglish

コメント

タイトルとURLをコピーしました