連絡

ビジネス英語

添付ファイルを指す”Please find attached”の代わりに使う言い回し

"Please find attached"は英語のビジネスメールで添付ファイルを扱うときに使われる表現です。ただ、英語圏の企業や日本にある外資系企業でも使える、より適切な言い回しがあるので、相手に合わせた表現を3通りご紹介します。
日常会話

“I’ll let you know~.”でさらっと伝える「また後で連絡するね」

誰かから誘いを受けたとき、自分の予定がどうなるかまだわからないので「また後で連絡するね」と言いたいときってありませんか?そんなときは英語で"I'll let you know."と伝えれば大丈夫です。
日常会話

”Hi there!“でチャットの入りをスムーズに!書き出しに気軽に使おう

チャットの書き出しを”Hi there!“にすれば入りがスムーズになります。気軽に使える言い回しでもあるので、ぜひチャットをするときに使ってみてください。
日常会話

“Thank you for checking in.”は久しぶりの連絡に対するお礼の表現

誰かから久しぶりに「元気?」と連絡をもらったとき、返信の最初に「連絡ありがとう」という意味の“Thank you for checking in.”を入れれば、連絡をくれたことに対して簡単にお礼を言うことができます。
ビジネス英語

至急返信が欲しい!そんなときに使える英語のビジネスメールの件名

英語のメールで至急誰かに対応をお願いしたいときに、件名の書き出しを「Urgent:」にすれば、相手の返信が早まります。
ビジネス英語

“I hope this email finds you well.”でメールをスムーズに書き出す

英語のビジネスメールでも書き出しは重要です。“I hope this email finds you well.”を使えば、相手に失礼のない、自然な流れで始まるメールを書くことができます。
日常会話

“Keep in touch.”は別れ際に「これからもよろしく」と言える便利な言葉

友だちや知人との別れ際、「じゃあね~!」だけでなく“Keep in touch.”と一言添えると、前向きで明るい雰囲気になります。
日常会話

“Welcome back!”で久しぶりに帰ってきた仲間を出迎える

地元に友だちが帰ってきたときに出迎えるには"Welcome back!" (おかえり)と言います。また、家族が家に帰ってきたときの「おかえり」との違いもご説明します。
日常会話

“Feeling good to be back!”で戻ってきたときの喜びをシャウト!

"Feeling good to be back!"は、帰省したときや前に住んでいた場所に帰ったときに使える言葉です。
日常会話

“Say hello to~.”で「だれだれによろしく」と伝えよう

「だれだれによろしく!」は日本語でもよく言いますよね。これを英語で言うと"Say hello to ~."になります。
日常会話

「言っておくよ」をさらっと言うなら”Will do.”

よく日本語では主語を省略しますが、英語でも主語を省略することがあります。このページではそんな表現"Will do."をご紹介します。
日常会話

“What are you up to lately?”で相手の近況を聞く

"What are you up to lately?"は、友だちや知り合いなどに近況を聞きたいときに使える便利な英語表現です。
日常会話

数字の後に”-ish”をつけると英語を使いこなしている印象を与えられる

"-ish"。これを数字の後にくっつければ、カジュアルに英語を使いこなしている印象を相手に与えることができます。
日常会話

1日中暇?そんなときは”I’m available all day.”と言おう

"I'm available all day."は、誰かと予定を合わせるときや、空いている日を相手に伝えるときに使える表現です。
日常会話

“I’m down.”で「行く行く!」という乗り気な気分を伝える

「よし、予定が合った!」。"I’m down."は相手からの誘いに「行ける」と伝えるときに使える表現です。
日常会話

“Text me.”は「後でメールして」という意味のシンプルな表現

「後でメールして」。そんな言葉をカジュアルに、シンプルに。
日常会話

“How are things?”は誰かに気軽に連絡を取れる言葉

相手が同性でも異性でも「気軽な感じで連絡を取りたい」。"How are things?"はそんなときに使える英語言葉です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました