「よろしくお願い致します。」は英語のビジネスメールでなんて書く?

ビジネス英語
スポンサーリンク

日本語のビジネスメールのように、英語でも文末に「よろしくお願い致します。」という意味の言葉を書くことがあります。言い方はいくつかありますが、一番使われるのは”Kind regards,”です。他にもいくつか表現がありますので、あわせてご紹介します。

英語のビジネスメールの例と日本語訳

英語のビジネスメールの例

/////////////////////////////////////
Dear Sara,

本文(省略)

Kind regards,
Bill
///////////////////////////////////// 

細かいところになりますが、”Kind regards,”には最後にカンマをつけて、前は1行空けます。後ろは1行空けても空けなくても、どちらでも大丈夫です。

日本語訳

/////////////////////////////////////
サラさん(または「サラ様」)

本文(省略)

よろしくお願い致します。
ビル
/////////////////////////////////////

同じ意味の表現

「よろしくお願い致します。」という意味で一番よく使われる表現は”Kind regards,”ですが、他には以下のものがあります。個人的な感覚では、下に行くにつれてよりカジュアルになる気がします。

  • Sincerely,
  • With warm regards,
  • Warmly,

また、下の4つの表現は目上の人には使わず、同じような立場か目下の人に使います。なお、ここでいう「目下」にはネガティブな上下関係という意味はありません。

  • Best regards,
  • Regards,
  • Best,
  • Cheers,

ちなみに、ビジネスではありませんが、僕が留学中に大学の寮に住んでいたとき、施設についての質問を学生職員とメールでやり取りしたときには、向こうは”Best,”を使っていました。

この学生職員は「良くしてくれるお兄さん」という感じの人でした。”Best,”を使う雰囲気、なんとなくわかりましたか?

迷ったときは”Kind regards,”を使えば大丈夫

ビジネスの場では、迷ったときには”Kind regards,”を使えば間違いありません。そこまで肩肘張らなくてもいいようなときは、ぜひ他の表現も使ってみてくださいね!

まとめ

「よろしくお願い致します。」を英語のビジネスメールで使うなら”Kind regards,”

ビジネス英語
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ようすけ

アメリカ生活と外資系企業での経験をもとにサイトを運営しています。英語のお供としてご活用ください。

なるほどEnglishをフォローする
なるほどEnglishをフォローする
なるほどEnglish

コメント

タイトルとURLをコピーしました