“I’m down.”で「行く行く!」という乗り気な気分を伝える

日常会話
スポンサーリンク

“I’m down”は、遊びに誘われたときに返す言葉です。ぜひ行きたい、という気持ちを込めた言葉で、砕けて言うと「めっちゃ行きたい!」になります。それでは、使い方を見ていきましょう。

英語の例文と日本語訳

英語の例文

Bill
Bill

I’ll go to COSTCO today

with my friends.

Do you want to

come with us?

Jim
Jim

I’m down!

日本語訳

Bill
Bill

今日友達と

コストコ行くんだけど、

一緒に行く?

Jim
Jim

行く!!

“I’m down.”は相手がかなり乗り気な証拠

僕が最初にこの言葉を見たのは、友達をダウンタウンの日本料理店に行こうと誘ったときで、「ダウンしてるから今日はいけない」という意味だと思いました。

日本語だと「ダウン」って、調子が悪いときに使いますからね。でもネットで調べてみたらかなり乗り気なときに使う言葉だということがわかったので、同じ「ダウン」でもこうも意味が違うのか!と感動したのを覚えています。

まとめ

「行く行く!」という乗り気な気分は”I’m down.”で伝わる。

【余談】日本語と英語でCostcoの発音は違う

余談ですが、Costcoはアメリカでは「コスコ」といいます。「ト」は発音しないんですね。

コストコは通路が広いし天井が高いし、開放的ですよね!試食やデモも見れますし、行くだけで楽しいところです。僕もこの記事書きながらコストコに行きたくなってきてしまいました!

相手の誘いを丁寧に断るときの言い回し

相手の誘いに対して、行きたい気持ちはあるがどうしても行けないので丁寧に断りたい、というときってありますよね。こちらの記事では、そんなときに使える英語の言い回しをご紹介しています。

“Thank you for asking.”で相手の誘いを丁寧に断る

日常会話
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ようすけ

アメリカ生活と外資系企業での経験をもとにサイトを運営しています。英語のお供としてご活用ください。

なるほどEnglishをフォローする
なるほどEnglishをフォローする
なるほどEnglish

コメント

タイトルとURLをコピーしました