“How are things?”は誰かに気軽に連絡を取れる言葉

日常会話
スポンサーリンク

みなさんは、久しぶりに友達とやり取りするときにどんなメッセージを送りますか?「最近どうよ〜」とかいろいろあると思います。そんなとき気軽に使える英語表現”How are things?”をご紹介します。

“How are things?”で気軽に連絡を取る

この年末年始は、留学していたカリフォルニアに1週間滞在しました。念願の5年ぶりのアメリカです。

まず事前に大学時代からの友人に連絡を取り、夜ご飯を食べる約束をしました。そして友達からの返信の中に書いてあったのが”How are things?”という言葉。

これは、日本語的に言うと「最近どうよ〜」とか「元気してる?」という意味の言葉で、話し言葉というよりは書き言葉で使われることが多いです。”How are things?”と聞くと、返ってくる内容は簡単な近況報告です。例文で使い方を見てみましょう。

英語の例文と日本語訳

僕が大学生のころはよくスカイプで友達とチャットしていました。この会話は、実際に友達としたチャットを少しだけアレンジしたものです。

英語の例文

Bill
Bill

Hey Jim,

how are things with you?

Let’s Skype!

Jim
Jim

Pretty good.

Yeah, let’s Skype!

日本語訳

Bill
Bill

最近どう?

久しぶりに

スカイプしようよ!

Jim
Jim

元気だよ!

スカイプしよう!

“How are things?”の直訳と意訳

“things”について

thingを辞書で引くと「事、物」と載っており広い意味の言葉なので、文脈によっていろいろな使い方があります。ここでのthingsは「いろいろな身の回りのできごと」という感覚です。

“How are things?”は”How are things with you?”の略

“How are things?”は”How are things with you?”の略です。この”things with you”をまずは直訳すると「あなたと一緒にあるいろいろな身の回りのできごと」になり、これを意訳すると「あなたの身の回りのいろいろなできごと」になります。

そのため、”How are things with you?”をまずは直訳すると「あなたの身の回りのいろいろなできごとはどんな感じ?」になり、これを意訳すると「最近どうよ〜」や「元気してる?」という意味になります。

“How are you?”よりも親しみがあり、会話が弾みやすい言葉

昔、学校の英語の教科書で習った”How are you?” も似ていますが、これはその場の会話であいさつ代わりに使う言葉です。”How are things?”と意味は似ていますが、”How are things?”の方が親しみがあり、また会話も弾みやすい言葉です。相手との距離感によって使い分けてみるのも楽しいですよ!

まとめ

誰かに気軽に連絡を取りたいときは“How are things?”

【似た意味の言い回し】What are you up to lately?

誰かに連絡を取ったり、近況をきいたりするときには、“What are you up to lately?”という表現も使えます。これはこちらのページでご紹介しています。

“What are you up to lately?”で相手の近況を聞く

日常会話
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ようすけ

アメリカ生活と外資系企業での経験をもとにサイトを運営しています。英語のお供としてご活用ください。

なるほどEnglishをフォローする
なるほどEnglishをフォローする
なるほどEnglish

コメント

タイトルとURLをコピーしました