”Hi there!“でチャットの入りをスムーズに!書き出しに気軽に使おう

日常会話
スポンサーリンク

チャットっていいですよね。気軽に誰かとコミュニケーション取れますし、やり取りもパッパッパっとすぐに進んでいきます。それに、対面では言いずらいこともチャットなら言えたりします。

そんなチャットの書き出しに迷うことってありませんか?いくら友だちでもいきなり用件や本題に入るのは唐突感がある…なんてときです。朝なら”Good morning!”といえばいいですが、いつでも気軽に使える書き出しがあります。それが”Hi there!”です。

英語の例文と日本語訳

下の例文は、SaraがBillに対してチャットを送る場面です。チャットを始める側のSaraの一番最初の言葉が”Hi there!”になります。

英語の例文

Sara
Sara

Hi there!

Bill
Bill

Hi Sara!

Sara
Sara

I’ll go to a Sushi restaurant

with my friends tonight.

Do you want to come?

Bill
Bill

Yeah! What time?

Sara
Sara

Let’s meet up

at Itamae at 7-ish.

※”7-ish”は後ほど解説

Bill
Bill

Good.

日本語訳

Sara
Sara

ビル~。

Bill
Bill

おぉ、サラ!

Sara
Sara

今日の夜、友達と

お寿司食べに行くんだけど、

よかったら一緒にどう?

Bill
Bill

いいね!何時に行くの?

Sara
Sara

7時くらいに

『Itamae』に来て。

Bill
Bill

りょうかい。

“Hi there!”の直訳と意訳

上の例文では、”Hi there!”を「ビル~。」と意訳しています。どうして”Hi there!”の訳が「ビル~。」になるのか見ていきましょう。

まずは直訳から

“Hi there!”は、参考としてまずは直訳すると「こんにちは、そこ!」という意味です。もちろんこれでは意味の通らない日本語訳です。

この直訳の「そこ!」とは、Saraがチャットをしている相手であるBillやBillがいる場所のことを指しています。つまり、「こんにちは、そこ!」→「こんにちは、そこのBill!」という感じになります。

そして意訳

“Hi there!”は「こんにちは」と訳されることがありますが、上の例文ではSaraとBillは友だち同士なので、日本語訳はカジュアルなものにしたいと思いました。

もしBillが”Hi there!”とチャットに書いてるなら「よっ!」という感覚になりますが、ここではSaraのせりふなので、「ビル~。やほ~。」というようなイメージで「ビル~。」と意訳しました。

「7時くらい」という意味の”7-ish”について

Saraのセリフに出てきた”Let’s meet up at Itamae at 7-ish.”は「7時くらいに『Itamae』に来て。」という意味です。

時間のことを言うとき、”7-ish”のように数字の後に”-ish”をつけると、「~時くらい」という意味になります。これは、「男の子っぽいファッション」という意味で「ボーイッシュ=boyish」と言うときの「イッシュ」と同じです。どちらも「~に近い」という意味で使われます。

“-ish”についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

数字の後に”-ish”をつけると英語を使いこなしている印象を与えられる

まとめ

”Hi there!“はチャットの入りをスムーズにする言葉。書き出しに気軽に使える。

【書き出しつながり】英語のビジネスメールで使える表現

この記事では、チャットの書き出しをスムーズにする英語の言い回しをご紹介しました。同じく、英語のビジネスメールで書き出しをスムーズにする言い回しとして”I hope this e-mail finds you well.”があり、こちらの記事でご紹介しています。

“I hope this email finds you well.”でメールをスムーズに書き出す

日常会話
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ようすけ

アメリカ生活と外資系企業での経験をもとにサイトを運営しています。英語のお供としてご活用ください。

なるほどEnglishをフォローする
なるほどEnglishをフォローする
なるほどEnglish

コメント

タイトルとURLをコピーしました