“I hope this email finds you well.”でメールをスムーズに書き出す

ビジネス英語
スポンサーリンク

日本語のメールでは、書き出しに「お世話になっております」や「はじめまして」という言葉を書くことがありますよね。

ただ、仕事で英語のメールを書くときには、「なんて書けばいいんだ??」と思ったことはありませんか?これは英語で“I hope this email finds you well.”といいます。

英語のビジネスメールの例と日本語訳

英語のビジネスメールの例

/////////////////////////////////////
Dear Sara,

I hope this email finds you well.

本文(省略)

Kind regards,
Bill
/////////////////////////////////////

日本語訳

/////////////////////////////////////
サラさん(または「サラ様」)

お世話になっております。(または「はじめまして」)

本文(省略)

よろしくお願い致します。
ビル
/////////////////////////////////////

ちなみに、“I hope this email finds you well.”の前後は1行ずつ空けるとメールが読みやすくなります。

海外向けの社内メールや社外向けに使える

僕は外資系の企業にいたとき、海外の業者や海外本社、海外の日本以外の支社の人たちに初めてメールを出すときに“I hope this email finds you well.” を使っていました。相手からのメールに書かれていたこともあります。

メールで相手に何かお願いするときや質問するときなど、いきなりそのお願いや質問を書き出すと唐突感があります。

よくやり取りする相手なら大丈夫ですが、あまりやり取りしない相手なら、“I hope this email finds you well.”と一文入れることで、クッションになりますし、メールを読む人にも優しいのでおすすめです。

まとめ

英語のビジネスメールの書き出しをスムーズにするには、1文目に “I hope this email finds you well.”と書く。

【書き出しつながり】チャットで使える表現

この記事では、英語のビジネスメールの書き出しをスムーズにする言い回しをご紹介しました。同じく書き出しをスムーズにする言い回しとして、普段の生活の中でチャットをするときに使える”Hi there!”があります。詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

”Hi there!“でチャットの入りをスムーズに!書き出しに気軽に使おう

ビジネス英語
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ようすけ

アメリカ生活と外資系企業での経験をもとにサイトを運営しています。英語のお供としてご活用ください。

なるほどEnglishをフォローする
なるほどEnglishをフォローする
なるほどEnglish

コメント

タイトルとURLをコピーしました