日常会話

日常会話 日常会話

普段の生活で役立つ『生きた英語』の言い回しをご紹介します。教材や参考書代わりにご活用ください。英会話学校やオンライン英会話の講師さん相手に実践するのもいいと思います。英語を教える立場の方々には、言い回しの説明の仕方をご参考にしていただくことができます。

日常会話

“I’ll let you know~.”でさらっと伝える「また後で連絡するね」

誰かから誘いを受けたとき、自分の予定がどうなるかまだわからないので「また後で連絡するね」と言いたいときってありませんか?そんなときは英語で"I'll let you know."と伝えれば大丈夫です。
日常会話

”Hi there!“でチャットの入りをスムーズに!書き出しに気軽に使おう

チャットの書き出しを”Hi there!“にすれば入りがスムーズになります。気軽に使える言い回しでもあるので、ぜひチャットをするときに使ってみてください。
日常会話

丁寧な言い方で「全然わからない」は”I have no idea.”と言おう

誰かに何か聞かれたとき、丁寧に「全然わからない」と言いたいときはありませんか?そんなときは、”I have no idea.”がぴったりです。
スポンサーリンク
日常会話

“I’m glad you liked it.”の意味②「ためになってよかった」

誰かの役に立つ情報が載ったウェブサイトや記事のURLを送ってあげたとき、相手のお礼に対して「ためになってよかった」と言いたいときは、“I’m glad you liked it.”という表現が使えます。
日常会話

“I’m glad you liked it.”の意味①「気に入ってくれてよかった」

動画のリンクなどを友だちに送って、相手が気に入ってくれたとき、“I’m glad you liked it.”と言えば「気に入ってくれてよかった」という気持ちを伝えることができます。
日常会話

“Thank you for checking in.”は久しぶりの連絡に対するお礼の表現

誰かから久しぶりに「元気?」と連絡をもらったとき、返信の最初に「連絡ありがとう」という意味の“Thank you for checking in.”を入れれば、連絡をくれたことに対して簡単にお礼を言うことができます。
日常会話

“What’s next?”でライフイベントを控えた相手に今後の予定を聞く

“What's next?”は、大学卒業後の就職など、何か大きなイベントを控えている相手がいたときに、これからどうしていくのか聞ける表現です。
日常会話

日本語の顔文字は「(^_^)」で英語は”:)”

同じ笑顔でも、日本語と英語では顔文字が違います。プライベートではもちろん、相手によっては仕事のメールでも使うことができます。
日常会話

“Thanks for picking me up.”は車の迎えに対する感謝の言葉

誰かに車で迎えにきてもらったときには、お礼として“Thanks for picking me up.”という表現が使えます。
日常会話

“Keep in touch.”は別れ際に「これからもよろしく」と言える便利な言葉

友だちや知人との別れ際、「じゃあね~!」だけでなく“Keep in touch.”と一言添えると、前向きで明るい雰囲気になります。
日常会話

“Great thanks to you!”でありったけの感謝を伝える!

相手にありったけの感謝の気持ちを伝えたいときには、ぜひ“Great thanks to you!”を使ってみてください。
日常会話

“Welcome back!”で久しぶりに帰ってきた仲間を出迎える

地元に友だちが帰ってきたときに出迎えるには"Welcome back!" (おかえり)と言います。また、家族が家に帰ってきたときの「おかえり」との違いもご説明します。
日常会話

“Feeling good to be back!”で戻ってきたときの喜びをシャウト!

"Feeling good to be back!"は、帰省したときや前に住んでいた場所に帰ったときに使える言葉です。
日常会話

“Hold on a second.”は相手を待たせたくないときの「ちょっと待って」

電話でもその場にいる相手に対しても使える「ちょっと待って」 という意味の"Hold on a second."覚えておくと便利な一言です。
日常会話

“On my way.”は車で迎えにいく相手に「向かってるよ」と伝える言葉

友だちや家族、恋人などを車で迎えに行くときに使う「向かってるよ」という表現。そんなときにぴったりの言葉"On my way."は、カジュアルでシンプルな英語です。

日常会話

“Say hello to~.”で「だれだれによろしく」と伝えよう

「だれだれによろしく!」は日本語でもよく言いますよね。これを英語で言うと"Say hello to ~."になります。
日常会話

「言っておくよ」をさらっと言うなら”Will do.”

よく日本語では主語を省略しますが、英語でも主語を省略することがあります。このページではそんな表現"Will do."をご紹介します。
日常会話

「予定に入れておくね」と一言添えるのは英語でなんて言う?

誰かと予定を合わせたときに使える表現です。「予定に入れておくね」と一言添えることで、相手との予定を楽しみにしていることが伝わります。
日常会話

“That would be great.”で「それいいですね」とあいづちを打つ

丁寧語で「それいいですね」と言うときは、過去形で"That would be great."と言うことがポイント。今と過去の距離感が、そのまま自分と相手との適度な距離感になり、この距離感が丁寧語の役目を果たします。
日常会話

やんわり「わからない」と言うなら”I’m not sure.”

「わからない」と言うときは、"I don't know."を使うと強めの表現になりますが、"I'm not sure."と言うことで柔らかく伝えることができます。
スポンサーリンク