営業時間を確認するなら”business hours”を調べよう

日常会話
スポンサーリンク

買い物に行くときに気になるのが、そのお店の営業時間です。営業時間は英語で“business hours”や”hours of operation”といいます。

“business hours”はわかりやすいですが、”hours of operation”の”operation”は聞いたことがある人もいる一方で、少し聞きなれないという人もいるかもしれません。このページでは、そんな
“business hours”と”hours of operation”について見ていきましょう。

英語の例文と日本語訳

英語の例文

Bill
Bill

Hey Sara, do you know

the business hours

[=the hours of operation]

for Costco?

Sara
Sara

Yeah.

It opens at 9am

and closes at 10pm.

Bill
Bill

Thanks!

日本語訳

Bill
Bill

サラ、コストコって

何時から何時までやってるか

知ってる?

Sara
Sara

朝9時から夜10時までだよ。

Bill
Bill

そうなんだ。ありがと!

“business hours”と”hours of operation”の直訳と意訳

まずはoperationという英単語のイメージを押さえる

operationにはいろいろな意味がありますが、どのようなときにも共通するのは「活動」という意味合いです。

例えば、operationは文脈によって「操作、手術、作戦、営業、事業活動」などいろいろな意味になりますが、共通するのはなにかしらの「活動」という意味です。

直訳と意訳

このイメージを踏まえると、”hours of operation”は直訳すると「営業の時間」や「事業活動の時間」となり、意訳すると「営業時間」になります。

上の例文では、business hours (hours of operationでもいいです)を普段の会話に合うように「何時から何時までやってるの?」と意訳しています。Billが聞いていることは営業時間と同じですね。

“business hours”の方が若干多く目にする

“business hours”と”hours of operation”はどちらも「営業時間」の意味になりますが、個人的な感覚では、“business hours”の方が若干多く目にするような気がします。

どちらにしても、買い物に行く前に営業時間を調べたいときは、ネットで調べるなら「お店の名前+business hoursまたはhours of operation」と入力すれば大丈夫です。

まとめ

営業時間を確認するなら”business hours”または”hours of operation”を調べる。

【おまけ】日本語と英語のCostcoは発音が違う

Costcoは日本では「コストコ」といいますが、英語では「ト」は発音せず「コスコ」になります!英語圏の国に行くことがあれば、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね!

日常会話
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ようすけ

アメリカ生活と外資系企業での経験をもとにサイトを運営しています。英語のお供としてご活用ください。

なるほどEnglishをフォローする
なるほどEnglishをフォローする
なるほどEnglish

コメント

タイトルとURLをコピーしました