スタンス

国際は「国のきわ」。1つでも超えたなら、それが国際経験の始まり

海外経験の魅力を伝えるために、僕がアメリカに留学していたころに書いた、渡米1年を振り返ったときの日記をご紹介します。若干21歳の青年が異国で何を感じたのか。日記から伝わる様子が、海外に興味を持つ人たちの参考になれば幸いです。
国・自然

ワーホリに行けて英語も話す国、ノルウェーはEUに非加盟

ワーホリに行けて英語も話す国、ノルウェー。そんなノルウエーはEUに加盟していません。なぜEUに加盟していないのか。そんな好奇心に対して、地理という切り口から迫ります。また、参考にした良書もご紹介します。
スタンス

「25歳以降の命=時間=通貨」という設定から見つめる人生のすべて

『TIME/タイム』はスリルが欲しいときにおすすめの映画です。「25歳以降の命=時間=通貨」という設定があるため、登場人物たちが持つ人生の残りの時間が0秒に近づくシーンがいくつもあるのですが、そのたびに心臓がバクバクしてしまいました。
スポンサーリンク
スタンス

ラブコメ洋画『アバウト・タイム』で考える愛と人生、それから時間

『アバウト・タイム』(原題:About Time)の素敵な世界をご紹介します。テーマは恋愛や家族愛、友情です。ストーリーの内容と出演者同士の雰囲気の良さが相まって魅力的な作品に仕上がっています。
スタンス

【語り尽くせない魅力】ウディ・アレンで堪能する7年ぶりのフランス

1920年代やベル・エポックのパリを舞台にした、バイオリンの音色が心地いいクラシック・ジャズ、ウィットの効いた会話、哲学と芸術が織りなす世界。ウディ・アレンの『ミッドナイト・イン・パリ』は、そんな数々の要素が味わい深い映画です。
ビジネス英語

添付ファイルを指す”Please find attached”の代わりに使う言い回し

"Please find attached"は英語のビジネスメールで添付ファイルを扱うときに使われる表現です。ただ、英語圏の企業や日本にある外資系企業でも使える、より適切な言い回しがあるので、相手に合わせた表現を3通りご紹介します。
留学英語

“Let’s play pool.”はプールではなく「ビリヤードしよう」という誘い

"Let's play pool."と言われるとプールに誘われている気がしますが、実は「ビリヤードしよう」という意味です。この言い回しを知っておくと、誘われたときにビリヤードのことだとわかるし、誰かを誘うこともできて何かと便利です!
日常会話

“I’ll let you know~.”でさらっと伝える「また後で連絡するね」

誰かから誘いを受けたとき、自分の予定がどうなるかまだわからないので「また後で連絡するね」と言いたいときってありませんか?そんなときは英語で"I'll let you know."と伝えれば大丈夫です。
留学英語

テストでよく見るアレ! “Scantron”は選択式のマークシート

アメリカの大学のテストでよく見る選択式のマークシートは"Scantron"と呼ばれます。"Scantron"を好んで使う教授もいるので、この単語を知っていれば安心です。
日常会話

”Hi there!“でチャットの入りをスムーズに!書き出しに気軽に使おう

チャットの書き出しを”Hi there!“にすれば入りがスムーズになります。気軽に使える言い回しでもあるので、ぜひチャットをするときに使ってみてください。
英語力アップ

動いてマネして、楽しんで!1人から始められる楽しい英単語の覚え方

新しい英単語の意味を覚えるって大変ですよね。そんなときは、その英単語の意味に合わせて自分の体を動かしたりポーズをマネしてみたりすると、楽しく覚えることができます。やるときは、1人でも友達とでも、どちらでもOK!
英語力アップ

【発想の転換】英単語の「難易度が高い」ってどういうことだろう?

「難易度」という言葉のせいで苦手な単語ができていませんか?ぜひ一度、そんな先入観を取り払ってみましょう。

日常会話

丁寧な言い方で「全然わからない」は”I have no idea.”と言おう

誰かに何か聞かれたとき、丁寧に「全然わからない」と言いたいときはありませんか?そんなときは、”I have no idea.”がぴったりです。
お知らせ

【※完了しました※】サイト改装のお知らせ

本サイトをより良いものにするため、各記事の中に見出しをつける・例文を吹き出しにする・お問い合わせフォームを作る、という作業に取り組んでいます。そのため、一時的にサイトの更新が止まってしまいますが、少々お待ちくださいませ。
日常会話

“I’m glad you liked it.”の意味②「ためになってよかった」

誰かの役に立つ情報が載ったウェブサイトや記事のURLを送ってあげたとき、相手のお礼に対して「ためになってよかった」と言いたいときは、“I’m glad you liked it.”という表現が使えます。
日常会話

“I’m glad you liked it.”の意味①「気に入ってくれてよかった」

動画のリンクなどを友だちに送って、相手が気に入ってくれたとき、“I’m glad you liked it.”と言えば「気に入ってくれてよかった」という気持ちを伝えることができます。
日常会話

“Thank you for checking in.”は久しぶりの連絡に対するお礼の表現

誰かから久しぶりに「元気?」と連絡をもらったとき、返信の最初に「連絡ありがとう」という意味の“Thank you for checking in.”を入れれば、連絡をくれたことに対して簡単にお礼を言うことができます。
ビジネス英語

至急返信が欲しい!そんなときに使える英語のビジネスメールの件名

英語のメールで至急誰かに対応をお願いしたいときに、件名の書き出しを「Urgent:」にすれば、相手の返信が早まります。
ビジネス英語

“I hope this email finds you well.”でメールをスムーズに書き出す

英語のビジネスメールでも書き出しは重要です。“I hope this email finds you well.”を使えば、相手に失礼のない、自然な流れで始まるメールを書くことができます。
日常会話

“What’s next?”でライフイベントを控えた相手に今後の予定を聞く

“What's next?”は、大学卒業後の就職など、何か大きなイベントを控えている相手がいたときに、これからどうしていくのか聞ける表現です。
スポンサーリンク