なるほどEnglishについて

スポンサーリンク

「前は英語で悩んでいたけど、今は英語を使うのが楽しい!」。こう思える人が増えるように、丁寧に記事を書いています。

英語の言い回しをご紹介している記事では「簡単な英単語で、こんな言い回しができるのか!」という新たな出会いがあるかもしれませんし、コラムなら「ふぅ~ん。なるほどなぁ!」と英語や世界を見る目が変わる発見があるかもしれません。

僕はこれまで、アメリカ留学や仕事、プライベートで知り合った人たちと話す中で、いろいろな英語の悩みを見てきました。

よくある英語の悩み

こんな英語の悩みが多いです。

年齢や職業などに関係なく、全般的に共通する英語の悩み

  • 英語は文法用語が難しいから苦手
  • 中学からやり直さないといけない
  • 何から始めていいのかわからない
  • 英会話教室に行きたいけど高い
  • 英語で会話するときに、聞いた英語を頭の中で変換すると疲れるし返答が遅れる

英語圏の留学生活で使う英語の悩み

  • 日常生活で使える英語の言い回しを知りたい
  • アパートの契約や家賃の支払いなど、留学生として生活する上で知っておくべき英語について知りたい
  • 授業の登録や学期中に教授のページを見るときなど、大学のウェブサイトで使われている英語について知りたい
  • 「中間テスト」や「締め切り」など、授業を受けるうえで必要な英語を知りたい
  • 入学や編入、卒業に関する英語を知りたい

仕事で使うビジネス英語の悩み

  • 経営陣や上司、同僚、部下が外国人のため社内で英語を使うが、自分の使う英語にいまいち自信が持てない
  • 海外の本社や支社、海外の業者と英語でメールをやり取りするので、失礼のないビジネスメールを送りたい
  • 資料を英語で作成するが、自分の使っている英単語や用語、文法が正しいのかわからない
  • 電話会議では、英語で話しかけられたらうまく返答できるか、また、コミュニケーションを取れるか不安になる

英会話学校やオンラインの英会話レッスンで使う英語の悩み

  • 講師と雑談をしたいのだが、どのような話題で英会話をスタートしていいのかわからない
  • 講師と英語でどんどん雑談したいと思っており、まずは誰かが実際に英語圏で使ったり見聞きしたりした表現を自分でも使ってみたいが、それを見つけるのが意外と難しい

日本の大学生・受験生・生徒として持つ英語の悩み

  • 教科書の英語を自然な日本語に翻訳したいが、どうしても直訳や不自然な日本語になってしまう
  • 参考書の文法の解説は、文法用語が多くわかりづらい
  • 教科書や参考書で勉強するだけだと、生きた英語を学べているのかわからない

ご家庭で持つ英語の悩み

  • 子供に良質な英語の教材を買ってあげたいが、どの教材の解説もいまいちわかりづらい
  • 子供が海外に留学しているが、英語がわからないと連絡が来る

学校の先生や塾講師・英会話学校の講師として持つ英語の悩み

  • 生徒や受講生に英文法の説明をするが、もっとわかりやすくできないか悩んでいる
  • 生徒や受講生から英文法や日本語への翻訳について質問を受けるが、もっと明快に答えたい
  • 生徒や受講生に、生きた英語の言い回しをもっとたくさん伝えたい
  • 生徒や受講生に、英語を使う楽しみをなんとかして伝えたい
  • 生徒や受講生に、自分で英語を使うことの楽しさを実感してほしい

どれか1つでも当てはまるなら、このサイトがお役に立てることがあると思います。

このサイトを始めたきっかけ

人によって英語の悩みは違いますが、僕がアメリカ生活と仕事を通して感じたことは、普段使う単語や文法は中学校で習うようなものが多いということです。難しい単語が使われることはあまりなく、簡単な単語を組み合わせて使うことが多かったです。

そんな経験から、英語の悩みを持つ人たちを見ているうちに「英語は思っているよりもっと簡単で楽しい」ということを伝えたいと思うようになり、このサイトを始めました。

特徴

このサイトには5つの特徴があります。どれも、英語の悩みを解決して英語を使う楽しさを知ったり、海外の魅力が少しでも伝わったりするように工夫しています。

【特徴1】すぐに使える英語の言い回しをご紹介

普段の生活で使える日常会話の言い回しから、仕事で使えるビジネス英語まで、幅広くご紹介しています。アメリカ生活や外資系企業で実際に使った言い回しや見聞きしたものばかりを載せていますので、すぐに使えるものとなっています。

また、登場する単語はなじみのある身近なものを選んでいるので、みなさんが見聞きしてきたものが多くあると思います。このサイトのアイデア段階で相談した友人たちの中には「単語自体は簡単だし知っているけど、こういう言い回しは自分では思いつかない」「こんな簡単な言い回しで会話が盛り上がるなら嬉しい」というような声もありました。

このサイトが、みなさんの中に眠る英語を呼び覚ますことができれば嬉しいです!

【特徴2】文法用語を使わずに丁寧に解説

僕は、文法用語は英語の解説をわかりにくくしてしまうと思っています。たとえば、教科書や参考書に載っている「構文」や「to不定詞」、「無生物主語」は、なじみのない言葉です。そのため、このサイトではそういった文法用語は使っていません。

代わりに「どうしてこういう言い回しになるのか?」という疑問に対して、丁寧な解説を心がけています。言い回しの成り立ちを知った方が記憶に残りやすく、いざ使いたいとなったときに思い出しやすいからです。

【特徴3】「直訳⇒意訳」の順番でわかりやすく翻訳

ご紹介している言い回しが、「どうしてこういう意味になるのか?」という疑問に対して、直訳と意訳を織り交ぜながら丁寧に説明しています。「英語→直訳→意訳」と順を追って翻訳すると、英語の言い回しと日本語訳の両方を結び付けて理解しやすくなるからです。

ちなみに、英語に慣れてきて、直訳をしなくても自分の中で英語の意味がわかるようになったら、もう自分の中で直訳のステップは必要なくなります。

【特徴4】英語の言い回しを使うシーンをイメージしやすくするために、例文は吹き出しに

会話の例文を使って英語の言い回しを解説しています。その解説では吹き出しを使っています。こうすることで、そのページで紹介している英語の言い回しを実際に自分で使うイメージをしやすくしています。

そのページで紹介している言い回しを自分が使っている姿を想像しながら、例文を読んでみてください。これが、実際に会話やメールでその言い回しを使うときのリハーサルになります。

【特徴5】海外の魅力を伝えるコラム

このサイトは、英語を使う場自体を直接提供することはできません。ただ、代わりに「英語を使ってみたい」「もっと英語がうまくなりたい」「海外に触れてみたい」と思っているときに「自分でなにか機会を探してみようかな!」と思えるきっかけになる記事を書きたいと思っています。そのような機会を持つことが自分の感性を刺激し、驚くほど素敵な時間を人生にもたらしてくれると信じているからです。

運営者情報

このサイトの運営者として、こちらのページで自己紹介をしています。

運営者情報

タイトルとURLをコピーしました